レフィーネヘッドスパ 【体験1日目】 ちょっぴり染まった?

レフィーネヘッドスパ 【体験1日目】 ちょっぴり染まった?

いよいよレフィーネヘッドスパの白髪染め体験開始です。レフィーネは、ルプルプ、利尻ヘアカラートリートメントに比べると染まらないですね。
さて、レフィーネヘッドスパは、どのくらい染まるんでしょうか?
半月ほど、白髪染めを中止したら、ほとんど色が抜けてしまった髪の状態です。写真よりも、白髪が目立ちます。

 

レフィーネヘッドスパ 体験

レフィーネヘッドスパ 体験

レフィーネヘッドスパ 体験

 

レフィーネヘッドスパの容器は、レフィーネのプッシュ式の容器より使いやすいです。塗布している途中で、足りなくなって液材を出す時も、レフィーネヘッドスパのポンプ式ボトルの方が出しやすいです。

 

そして、液材がレフィーネより柔らかいです。早速100円ショップで買った、ハケ付クシのハケ部分に液材を塗布してこめかみ部分の生え際に塗布します。

 

レフィーネヘッドスパ 体験

レフィーネヘッドスパ 体験

レフィーネヘッドスパ 体験

 

生え際の塗布が終わったら、素手で、まんべんなく液材を塗布していきます。全体に塗布し終わったら、液材をつけたまま頭皮マッサージをしました。上の右端の写真のピンクの手のような形のものは、人気で売れてますというヘッドスパ モミモアは、確かにモミモミするのに便利です。指でマッサージすれば間に合うけれど、あればTVを見ながらマッサージ何ていう時にも使えるので便利です。

 

今回、レフィーネヘッドスパを素手で使ってみました。シャンプーが終わるころには、爪の間の汚れもすっかりとれました。

 

レフィーネヘッドスパ 体験

レフィーネヘッドスパ 体験

 

今回の使用量は、20g。やっぱり液材が、今まで使ったルプルプや利尻ヘアカラートリートメントと同じくらいの柔らかさだと、手が覚えている分量ですね。
柔らかいといっても、液ダレはしません。
塗布が終わってから、放置は冬仕様で30分放置しました。室温は24℃と、白髪染めの色が入るギリギリの温度です。
さらに、湯船でホットタオルで温めながら、10分放置。

 

いよいよレフィーネヘッドスパの洗い流し開始です。
色水が出ますねぇ〜。レフィーネの時は、すぐに色水が無くなりましたが、レフィーネヘッドスパは、結構出ます。それでも、ルプルプや利尻ヘアカラーコンディショナーよりは少し短かったかな?

 

シャンプー、コンディショナーを終え、タオルで髪の水分を拭き取ってみると、あらっ!タオルに色がついてる!
すぐに石鹸で洗ったら落ちました。レフィーネには無かったことなのでちょっとビックリです。

 

レフィーネヘッドスパ 体験レフィーネヘッドスパ 体験

 

ドライヤーをかけ終わった髪です。

 

レフィーネヘッドスパ 体験

レフィーネヘッドスパ 体験

レフィーネヘッドスパ 体験

 

1回目から、少し色が入りました。レフィーネの時は、ほとんど色が入っていなかったので、色の入りは確かにレフィーネヘッドスパの方がいいですね。

 

 

優しい天然成分で、素手で染める、癒す。業界初!白髪染めヘッドスパ!