レフィーネヘッドスパVSルプルプ

レフィーネヘッドスパとルプルプを比較しました

レフィーネヘッドスパとレフィーネを混ぜて、自分色に染めることができました。

 

これは、とっても嬉しいことです。なぜって、レフィーネのマロンブラウンは黄色系茶色で口の実の色っぽい茶色なんですね。一方、レフィーネヘッドスパは、赤系茶色で、栗の皮の色っぽい茶色なんですね。でも、利尻ヘアカラーコンディショナーのライトブラウンよりは赤くない色です。

 

黄色系茶色と赤系茶色を混ぜて自分色の茶色を作れたので、春の陽気とマッチする色が作れたんですね。地毛の色よりやや明るめの色だったので、髪全体がちょっとまだらに染まってしまいましたが、普段生活する分には、問題なしです。

 

ルプルプのダークブラウンは、私の地毛にかなり近い色だったので、まだらに染まった感じはなかったです。濃いこげ茶色の染め上がりでした。母が、私に一番似合う色だと言っています。私自身も。秋から冬にかけては、ルプルプのダークブラウンがお気に入りです。

 

だけど、春から夏にかけては、レフィーネヘッドスパのマロンブラウンに、レフィーネのマロンブラウンを混ぜてできる明るめのこげ茶色がお気に入りです。
染める頻度は、5日に1度くらいがいいです。それ以上あけると、白髪が浮いてきます。

 

白髪染めをしてみて、色の入りは、断然ルプルプの方がいいです。色持ちも同じくルプルプの方がいいです。トリートメント効果もルプルプの方がいいです。頭皮や髪への優しさは、どちらもいいなと思います。

 

素手で染めてみて、手の汚れは、両者同じくらいです。ちょっと色がついてしまった状態ですが、シャンプーしているうちにほとんどとれています。爪の間がちょっぴり黒いかな?という程度です。

 

白髪染めとして、染まり具合、色持ちというところを評価すると、断然ルプルプの方がいいです。

 

ただ、自分色が作れる、しかも、ちょっと明るめの色が作れるのはレフィーネヘッドスパのいいところです。

 

もうひとつ良かったところは、ヘッドマッサージのきっかけを作ってくれたことです。写真でお気づきかと思いますが、私の分け目の薄さは尋常ではありません。女としては超ショックです!

 

まるで、カッパ頭ですよね。こうなっちゃた原因は色々あります。薄毛解消法の中でヘッドマッサージは、今ではなくてはならないものです。私は、眼精疲労と肩こり解消と抜け毛に効果のあるツボ押しとヘッドマッサージを日課にしています。

 

白髪染めをして、さらに薄毛解消法のきっかけを作れたのは、レフィーネヘッドスパのおかげです。

 

私のように猫っ毛で染まりやすい髪質の方で、ちょっぴり明るい色に染めたい方にはレフィーネヘッドスパは悪くないですよ。ムラなくしっかり染めたい方で、トリートメント効果も期待したい方にはルプルプがオススメです。

 

 

ルプルプの白髪染め体験が気になる方はコチラ